CHINTAI BB

画像:頭の整理に最適!賃貸仲介店舗が売上を増やすための手法をマインドマップで洗い出してみました
ツール

頭の整理に最適!賃貸仲介店舗が売上を増やすための手法をマインドマップで洗い出してみました

そもそもマインドマップとは?

マインドマップとは、イギリスのトニー・ブザンという人が提唱した「思考の表現方法」のことです。自由な思考や、アイデア、情報の流れを、中心となる概念から放射状に分岐させて、連想していく思考方法とも言われています。

マインドマップを使うメリットは様々ですが、一般に、考えていなかった発想に気がついたり、課題の整理をする際に、有効と言われています。とくに普段時間のない多忙な日々を過ごしている方にとって、課題を網羅的に俯瞰しながら、短い時間で全体を把握できるため、人気な方法と言えるでしょう。

今回は、賃貸仲介店舗が売上を増やすための全手法をマインドマップを使って、整理してみました。普段みなさんが考えている当たり前のことが、図となって表れてくるため、課題の再認識はもちろん、新たな発想の気づきにもなるかもしれません。

契約単価を上げる

画面サイズ100%でご覧ください

管理物件を増やす

画面サイズ100%でご覧ください

契約物件を増やす

画面サイズ100%でご覧ください

いかがでしたか?

賃貸仲介店舗が売上を上げるにはと考えたときに「1.契約単価を上げる」「2.管理物件を増やす」「3.契約物件を増やす」という3つの分岐からそれぞれ深堀りを行いマインドマップを作成してみました。

実際には「経費を削減する」「広告費を効率化する」など様々な分岐を考えることができるかと思いますが、今回は割愛いたしました。

マインドマップを作る際のコツとしては、具体性や実現性に欠けるものでも、まずは連想したものを並べてみることです。そこから枝分かれさせていくなかで、新たな視点が得られるかもしれません。

無料で使えるマインドマップツール

マインドマップを試してみる際に、ノートに手書きでも問題はありませんが、インターネット上にオンラインで使用できるツールがございましたので紹介いたします。

メルマガ無料登録

サービスに関する最新情報やお役立ち情報をいち早くお知らせいたします。

賃貸仲介業務を
もっと楽にしませんか?

サービスの詳しい資料はこちらのページ
ダウンロードいただけます。

サービス導入にあたりご質問がある方は
こちらからお問い合わせください。

システム導入前に無料で
デモンストレーションを体験できます。